お墓を買うタイミング(時期)

お墓を買うタイミング(時期)

お墓 買う 年齢は自由で、生前 墓地購入をされる方などもいらっしゃいますし、お墓を建てる時期には決まりはないため、お 墓 建立 時期というのは人によって異なります。 購入期限も決まっている訳ではありませんが、一般的には四十九日法要のタイミングで納骨することが多いため、それまでにお墓を購入している方や、お墓を買うお金がないといった理由により一周忌までに用意している方が多いようです。 ただ、明確に決まっているわけではないので、お墓はいつ建てるのが良いのか?お墓を建てる時期について気になる方は多いと思います。 こちらでは、特に税金面などからお墓を買うのに最適な時期についてお伝えしていきます。 なお、昔はお墓 建てる 時期として、うるう年(閏年)はお墓を建ててはいけない年と言われていた時期もありましたが、現在はそういった問題もないため、ご安心ください。


お墓を買う時期は生前がベスト

お墓 いつまで建てるといった制限はありませんが、生前のうちにお墓を建てると、節税効果が大きいと言われています。 また、生前にお墓を建てると縁起が悪いといった意見もありますが、むしろ、暮石の相場なども自分で確認できますし、墓石の価格比較もチェックできるので、納得のいく選択ができるとも言えますので、お墓建立時期にこだわりがないのであれば、生前にお墓 購入をされることをオススメします。


お墓に関わる税金について

よく「お墓の購入といえば、ある意味では土地を購入することだから不動産取得税や固定資産税がかかるのではないか?」と勘違いされる方もいらっしゃいますが、そもそも、購入するのは「お墓」であり、土地の使用権を購入しているといった状況となります。具体的には、お墓が建っている土地は購入しておらずお墓を建てる土地の所有権は移転していないので、不動産取得税などはかかりません。 つまり「一般的な土地のように持っているだけで税金がかかるから、必要になるまで購入するのはやめよう」といった判断にはならないのです。 では、どういった税金がかかるのか?一体いつ、どのタイミングでお墓 購入をすればよいのか?確認していきましょう!


お墓の購入時に課せられる税金とは

墓石式のお墓を購入した場合には、墓石費用や工事代金それぞれに消費税がかかります。 また、ロッカー形式の納骨堂といった墓石が不要なお墓でも仏像などを購入する場合には消費税がかかります。
※永代使用権の購入(墓地代)に関しては、非課税のため税金はかかりません


お墓を維持するためにかかる費用と税金とは

通常、お墓を建てるために永代使用権を購入しますが、その土地をお寺などに管理してもらう必要がありますので、毎年、年間管理料がかかります。
お寺さんの墓地を利用する場合には、別途、檀家になるための入檀料が必要です。 また、開眼供養、納骨法要の費用がかかり、これらの費用に対しても、消費税が発生します。


お墓を相続したときにかかる税金とは

お墓、仏壇、位牌、祭具などの祭祀財産は非課税となるため、これらを相続しても相続税などの税金は一切かかりません。 ただし、現金でお墓を建てるための費用を残した場合には、その現金に対しての相続税がかかりますので、ご注意ください。


生前にお墓を購入するメリットとは

税金面でみる生前にお墓を購入するメリット

・お墓は非課税財産となるため、相続税の課税対象から外れることから、生前にお墓を購入してそのお墓を相続しても相続税はかかりません。


税金以外でみる生前にお墓を購入するメリット

・余裕を持って選ぶことができる
・残された家族に迷惑をかけることなく事前に準備できる
・自分の好みで選ぶことができる


Copyright© All Rights Reserved.