葬儀のタイミング

葬儀選びのタイミング

事前に終活をされて準備を進められていた方などは、葬儀社 口コミ ランキングを確認したり、葬式 選び方を調べるなど、ご自身で葬儀選びをされている方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、多くの場合で死は突然やってくるものですし、たとえ病気で病院に入院していたとしても、なかなか覚悟はできないのが現状ですが、そんななかでも、いざというときには迅速に対応しなければなりませんが、葬儀社を選ぶタイミングはご遺体を安置した後になります。

病院で亡くなった場合と、自宅などの病院以外の場所で亡くなった場合とでは、葬儀選びのタイミングが異なります。


病院で亡くなった場合

  • 葬儀社を選ぶ前にご遺体の安置場所を決める
  • ご遺体を搬送・安置する

※ 病院で亡くなった場合は、自動的に死亡診断書が発行されます
※ 病院と提携している葬儀社を紹介されることが多いため、紹介された葬儀屋にするのか、ご自身で決められた葬儀社にするのかを考える必要があります


自宅などの病院以外の場所で亡くなった場合

ご自宅で亡くなられた場合などで、①かかりつけの主治医がいる②死因が明らかな場合は、主治医を呼んで死亡診断書を発行してもらいます。 それ以外の場合には、警察署に連絡をし、検視を行っていただいたうえで、死体検案書を発行してもらいます。
※ 警察から葬儀社を紹介されることがありますが、紹介された葬儀屋にするのか、ご自身で決められた葬儀社にするのかを考える必要があります
ただでさえ、大切な家族が亡くなったときには、精神的にも追い詰められていますし、急に決断を迫られても焦ってしまいます。 ご本人も含めて、事前にご家族でいい葬儀 プランを考えておくのも、当日慌てない対処法かもしれません。



Copyright© All Rights Reserved.